INTERVIEW

先輩インタビュー

営業部統括責任者

矢田 尚久

今の業務内容を簡単に

私が入社した当時、岐阜エリアのマネージャーから中途入社しました。複数教室を運営し、その中で新規開校を経験し、その後は既存教室のマーケティングに関わる業務に移り、2014年から新たに立ち上げた東京での別ブランド塾「PERSONAL STUDY」の営業統括に着任しました。現在は、この事業規模を3年で5倍にする目標で取り組んでいます。

その業務をどういった思いでやっているか

教育とは国民経済の発展に必要なインフラストラクチャーであること、人の成長に関われる仕事であることに誇りを持って仕事をしています。ましてや、子どもの教育とは、未来の日本を作る仕事だと自負しています。

やりがい

マーケティングや集客で期待した数値通り結果を出せると大きな達成感を感じます。 また、生徒の第一志望校合格や従業員の成長、即ち会社の成長が圧倒的なスピードで進んでいくこともウィルの特徴です。 自身も毎年、仕事の目標とプライベート目標を掲げて成長することや成功することを楽しんで仕事をしています。

今後の目標

東京では高校受験メインではなく、中学受験や大学受験も対応し、行動科学マネジメントを使ったコーチング技術で「文京区No1」を目指し、1年前から外部の大手比較サイトから文京区個別部門と総合ランキングで1位を受賞するまでに発展しました。 今後は、「〇〇区No1」を複数にし、3年後には「東京No1」の学習塾ブランドを構築していくマーケティングを行っていきます。 最終的には、行動科学をベースとした学校法人を設立し、日本の教育を変える会社にしていきたいと思っています。

MORE INTERVIEW

その他のインタビュー

CAREER UP

キャリアアップ事例

RECRUIT 採用情報