実は、私は教育に対する大きな志があったわけではありません。サービス業からの転職で、教育業界にも興味を持っていました。転職活動をする中で、単なる教育産業ではなく、会社を経営していく自分自身の勉強にもなる環境だと思い、ウィルを選びました。塾講師としてのスキルだけでなく、セルフマネージメント、経営など、様々な経験を積めるところに魅力を感じ、転職を決めました。



 

 入社した頃は、教室長からスタートし、エリアマネージャーを経験し、現在の営業・新規開拓事業をしています。新規開拓の仕事とは、どの地域に、どれだけの見込みがあり、どの場所に教室を開校するか、目標生徒数を集客するまでの計画作成や業者への交渉など、多岐にわたり、それぞれの経験が積めることは、大きなメリットです。

 完全に、経営者としてのスキルが問われるので、大きな責任もあります。ひとつひとつの仕事を成功させるために、日々勉強しなくてはならないことばかりです。この環境にいると、自己成長のスピードも速いと感じています。また、同世代のメンバーが多くいる職場なので、毎日が楽しく充実していること。これも重要ですね。



 

 今後は教室運営をしていく上で、マーケティングやセルフマネージメントのスキルを磨いていきたいです。あとは、これまで自分がしてきた仕事を、新しいスタッフに任せることができるようにマニュアルの改訂や仕組み作りに関わっていきたいです。



 
Copyright(c) 2009 (株)ウィルエドゥケイトスクール All Rights Reserved