実は私は、もともと営業経験もなく、大きな志も持っていませんでした。大学を卒業し、ふらふらしているときに偶然見た募集要項が、単純に面白そうだったというだけで応募をしてしまいました。
今思い出すとだいぶ社会を舐めていたなぁと思います(笑)


 

 そんな私ですから、当然、入社当時はついていくだけで必死でした。PCの使い方さえ分からず、ほとんどの作業に人の2倍以上の時間を費やしていましたので入社3か月ほどたった時には、「もうそろそろ辞めようかな」と思っていました。
そしてある日、当時の上司の方とお話しさせていただく機会があり、「辞めたいです」ということを伝えました。すると、上司の方は「関係ないんだけど」と前置きをした上で、自分の夢を語りだしたんです。最初は何を言っているか分からなかったのですが、だんだんと自分の中にワクワクする気持ちが芽生え、ちょっとの期間だけ本気でやってみようと思いたちました。
とは言え、翌日の私はスキルとしては全く変わらない私でしたので、とにかく、1カ月、必死に仕事をこなしました。
するとどうでしょう、なんと営業成績でトップをとってしまったのです。
ワクワクするから数字が出て、数字が出るからさらにワクワクする。そんなサイクルが回り出しました。

実は、内緒ですが、あの時のワクワクする気持ち、今でもずーーーっと続いています。あの時上司の方が本気で私と関わってくれていなかったら、きっとこんな気持ちも味わえなかったし、たぶん自分自身で成長を感じることもなかったでしょう。
本気の人たちがいる。そして本気になれる、本気が出せるのがウィル。
募集を見て面白そうだと思ったことは、やはり間違っていませんでした。

 


 

 現在は営業部の主任という立場で活動しています。
数字が明確に見える立場で責任も大きいですが、その分達成した時の充実感は計り知れませんし、営業マンとして成果を出すことは、お客様に最大限自分を評価していただいているということでもあり、快感ものです。
その分、もちろん勉強もしなければなりませんが、成長意欲の高い同僚の中にいるため、自然と習慣にもなっていきます。

 今後は個人の力で数字を作ること以外に、営業部として数字を作る「仕組み」を作ります。会社をもっともっと大きくし、日本一ワクワクさせる会社を作ります!

 



 
Copyright(c) 2009 (株)ウィルエドゥケイトスクール All Rights Reserved